• 世界はロバのウンコよ

    Apr 27th, 2012

  • それもとびっきり上手く踊るんだ。みんなが感心するくらいに。そうすればおいらもあんたのことを、手伝ってあげられるかもしれない。だから踊るんだよ。音楽の続く限り。

    Apr 27th, 2012

  • 使えるものは全部使うんだよ。ベストを尽くすんだよ。怖がることは何もない。

    Apr 27th, 2012

  • きちんとステップを踏んで踊り続けるんだよ。

    Apr 27th, 2012

  • 意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。

    Apr 27th, 2012

  • 音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。

    Apr 27th, 2012

  • 食事をして、酒を飲もう。迎えにいくよ。

    Apr 27th, 2012

  • 世界はメタファーだ

    Apr 27th, 2012

  • やれやれ

    Apr 27th, 2012

  • 一人でもいいから、心から誰かを愛することができれば、人生には救いがある。

    Mar 28th, 2012

  • ひとつ覚えておいていただきたいのですが、ものごとは見かけと違います。

    Mar 28th, 2012

  • 希望があるところには必ず試練があるものだから

    Mar 28th, 2012

  • 君は小説家になりたいんだろう。だったら想像しろ。見たこともないものを想像するのが作家の仕事じゃないか。

    Mar 28th, 2012

  • 目の前に為すべき仕事があれば、それを達成するために全力を尽くさないわけにはいかない。

    Mar 28th, 2012

  • 自由意志なんて、ただの思い込みかもしれない。ときどきそう思うよ。

    Mar 28th, 2012

  • 人間にとって死に際というのは大事なんだよ。生まれ方は選べないが、死に方は選べる。

    Mar 28th, 2012

  • やれやれ

    Mar 28th, 2012

  • 俺は俺の弱さが好きなんだよ。苦しさやつらさも好きだ。夏の光や風の匂いや蝉の声や、そんなものが好きなんだ。どうしようもなく好きなんだ。君と飲むビールや……

    Feb 16th, 2011

  • でも今はそうは思わない。俺はもう十代の少年じゃないんだよ。

    Feb 16th, 2011

  • 俺はこれまでできることなら十七や十八のままでいたいと思っていた。

    Feb 16th, 2011

  • どれだけの天才でもどれだけの馬鹿でも自分一人だけの純粋な世界なんて存在しえないんだ。

    Feb 16th, 2011

  • 一般論をいくら並べても人はどこにも行けない。

    Feb 16th, 2011

  • なんて言えば、いいんだろうな?それは決まっていることなんだよ。

    Feb 16th, 2011

  • 君に会ったおかげで少しこの世界に馴染めた気がするな

    Dec 12th, 2010

  • すごく気持ちがよくて酔っ払っていて、まわりにはロバのウンコなんか全然なくて、となりにはあなたが寝ているの。

    Dec 12th, 2010

  • 広いふかふかとしたベッドに横になりたいの、まず

    Dec 12th, 2010

  • 現実の世界では人はみんないろんなものを押しつけあって生きているから

    Dec 12th, 2010

  • 何かを押しつけるほど君のことをまだよく知らないんだよ

    Dec 12th, 2010

  • 世界はロバのウンコよ

    Dec 12th, 2010

  • どこもかしこもロバのウンコよ

    Dec 12th, 2010