apartmento issue 06

“An everyday life interiors magazine”をコンセプトに、手の届かないデザイナーズ・チェアや、スノビッシュなライフスタイルではなく、あくまで日常の暮らしを写真やアート、 そしてカルチャーの要素とミックスして紹介する新しいライフスタイル誌がスペインより登場。今号に登場するのは、インダストリアル・デザインの若手注目株Leon RansmeierのNYのスタジオ(ビルの屋上に作った小屋)、 名家に生まれるもボヘミアンライフを謳歌、その数奇な人生を象徴する家に住むスウェーデンのアーティストCarl Johan De Geer、絵本「すてきな三人組」や風刺画で日本でも人気のあるトミー・アンゲラー、60-70年代のスペインのカルチャーシーンに活躍し現在も多忙な日々を送る写真家/プロデューサー/フィルムメーカーのLeopoldo Pomes、日本からはミヤギユカリ、アンダース・エドストロームなど。