ニフティクラウド導入事例 (一部)

株式会社スクウェア・エニックス様

ブラウザーゲーム「モンスタードラゴン」「戦国 IXA」

ブラウザーゲーム「戦国IXA」に続く新作ゲーム

「モンスタードラゴン」の運用基盤としてもニフティクラウドを採用


コンテンツ&サービス部「モンスタードラゴン」プロデューサー 岡山 博紀 氏

情報システム部 浜平 仁 氏

「今夜モンドラやろうぜ!!」を流行らせたい

-2011 年 12 月にスタートした「モンスタードラゴン」について教えてください。


岡山氏 「モンスタードラゴン」は、巨大な城塞機竜「フォートレス」に乗り、モンスターを駆使して戦う全く新しいシミュレーションゲームです。最大 100 人による対戦が楽しめます。おかげさまで、様々な方にお楽しみいただいておりますが、「戦国IXA」に比べると、よりコアユーザーにも支持されているのが特徴です。他のゲームは、ちょっとした空き時間を利用して遊ぶスタイルが多いのですが、「モンスタードラゴン」は、夜の決まった時間に集まって遊んでいただくことを想定したゲームになっています。「今夜モンドラやろうぜ !!」というキーワードで様々なプロモーションを行っています。


-ブラウザーゲームの基盤としてクラウドサービスをご検討されたきっかけを教えてください。


浜平氏 ブラウザーゲームは障害やサイトが重たいなどで快適に利用できない時間が長引けば長引くほど利用者が離れていきます。その機会損失を回避する技術としてクラウドサービス導入を当初から想定していました。数あるクラウドサービスの中でニフティクラウドを選択した理由は、クラウド基盤の安定性と安心できるサポート体制です。例えば「戦国 IXA」では数百台のサーバーを運用し、ピーク時にはサーバー間通信だけで 10数 Gbps という大変な量のトラフィックが発生します。これに耐えられる運用基盤があり、そのサーバー間通信においては料金が発生しないことは、費用を押さえつつサービス拡大を図る上で欠かせないポイントでした。ニフティクラウドには、品質保証制度 (SLA) もありますし、安心できるサポート窓口も用意されていますので、それらの点も重視しました。


-「モンスタードラゴン」のクラウド運用について教えてください。


岡山氏 具体的には 21 時~ 23 時 50 分の間に遊んでいただくと通常より高い報酬が獲得でき、ランキングも上がりやすくなっていますので、この時間帯がピークタイムです。「戦国 IXA」は「ワールド」がどんどん増えていく方式ですが、「モンスタードラゴン」は 1 ワールド制になっています。1 戦闘が 30 分単位で行われていて、100 人ごとに ROOM を増やしていく方式になっています。前述の通り、夜の決まった時間に集まった人数に応じて ROOM を作りますので、ROOM 数に応じてクラウドサーバ-を増減しています。あらかじめサーバーの機能 / 役割ごとにチューニングまでも行ったカスタマイズイメージを用意しておくことで、効率よく短時間でサーバーの増強を行う運用が実現できています。

性能の良さはカタログスペックだけでは分からない

-ニフティクラウドを採用された決め手は何ですか?


浜平氏 CPU やメモリー、ディスク容量といったカタログスペックを単純に比較するだけですと、他社のクラウドの方が安く見える場合があります。しかしながらニフティクラウドの場合は性能が良いため、総合的に見て費用対効果が高いですね。特に標準のディスクはもちろんのこと、増設ディスク (Disk200) のI/O 性能の良さを高く評価しています。ディスク I/O の性能が優れていればデータベースサーバーの数を集約することができるなど、多くのメリットを得ることができます。結果、ニフティクラウドでは無駄にサーバーを立てる必要がないため、運用コストを大幅に抑制することができています。


-ニフティクラウドへのご要望があればお聞かせください。


浜平氏 IDS/IPS といった不正侵入検知 / 予防システムや、脆弱性診断などがあると便利ですね。また、更なる “爆速” のディスクへの対応もぜひお願いします。クラウドの枠にとらわれずに、ゲーム業界の動向とユーザーの意見をタイムリーに反映した機能追加と成長を期待しています。


-本日はありがとうございました。


※本インタビューは 2012 年 3 月 15 日に行いました。3 月 15 日現在の情報です。


http://monsterdragon.jp/


史上初!巨大な城塞機竜「フォートレス」に乗り、モンスターを駆使して戦う 100 人と同時に対戦が可能なシミュレーションゲーム。ぜひ一度、体験してみてください。


http://sengokuixa.jp/


戦国時代を舞台とし、大名家に仕える 1 人の武将となって群雄割拠を体験できるオンラインゲーム。


WebMoney Award 2011 GRAND PRIX、BEST GAMES 受賞。


株式会社ぐるなび様

スマートフォンアプリ「Square Clip」

「人も資金も余裕なし」の問題はクラウドで解決!IaaS初挑戦のぐるなびが新規事業の基盤として採用


総合政策室 印南 貴也 氏

サービス企画開発部門 コンテンツ第2グループ 古田 千佳 氏


少人数/低コストで新規事業を立ち上げ

−新サービスでクラウドを採用した理由は?


印南氏  スクエアクリップは「ぐるなび」とは別のブランドで提供する新しいサービスであり、iPhone アプリという点でも新しい取り組みになります。そのためできるだけコストをかけずにサービスを立ち上げ、事業につなげるというのが当初からの目標でした。


古田氏 今回のスクエアクリップの担当者はわずか数人。サービス基盤の整備だけに人手を割くことができないという事情もありました。


−ニフティクラウドを選んだ理由は何でしょうか?


印南氏 日本語によるサポート体制が充実しているところが魅力的でした。また、個人情報を社外のクラウド環境で取り扱うことについて議論もありましたが、個人情報の取り扱いやセキュリティ対策などを入念に確認させてもらい、その結果我々が納得できる体制であることが分かりましたので、社内でニフティクラウドを利用することに反対する声はありませんでした。


古田氏  ニフティはさまざまなオンラインサービスを長年にわたって提供しているので、非常に信頼できる企業だという知名度もありましたね。


クラウド化で直面した悩みとニフティのサポート

−クラウドを利用することに不安や悩みはありましたか?


古田氏 一番の悩みはサーバー環境の設計でした。クラウド環境のサーバー設計は初めてだったので、どのようなデータをどう扱えばよいかといった見通しを立てるのが非常に難しかったですね。


−そのような不安をどのように解消しましたか?


古田氏 ちょっとした困りごとでもニフティクラウドの問い合わせ窓口を利用することで解決できました。相談以外でもヘルプや手順についての豊富な資料を用意してくれているので、問題が起きても自分たちだけで解決できることも多々ありました。


利用して実感する、使いやすさ

−ニフティクラウドを利用して、良かった点は?


古田氏 コントロールパネルがとても使いやすいです。技術者ではない人でもある程度は使いこなせるのではないでしょうか。あまり人手をかけられない状況の中で、誰でも運用が簡単にできる点は大きなメリットだと思います。


印南氏 操作 した内容がすぐに反映される点も魅力的ですね。サーバーの設定変更を操作しても、実行が完了するまでの時間がとても短いです。


古田氏 新規サービスなのでシステムへの負荷が高い状況を予想しづらいのですが、負荷が高まってリソースが足りなくなりそうな場合でも、ニフティクラウドならオートスケール機能でスムーズに対応できる点が安心です。


−コスト面ではメリットを感じていますか?


印南氏 はい。新サービスの立ち上げに必要な投資規模を節約できました。

自社でサーバーを保有するのであれば余分に見積もらなければなりませんし、担当者の負担も無視できないでしょう。ニフティクラウドではこうした手間の多くが不要になるので、全体的なコストは金額に換算すれば数十分の1ぐらいになったのではないかと思います。


−今後のクラウド利用について


印南氏 スクエアクリップは、当社が今後クラウドの利用を広げていく上で非常に重要な役割を果たしていくと思います。ニフティクラウドと 二人三脚 のような形で、サービスをより良いものに発展させていきたいですね。


−本日はありがとうございました。

※本インタビューは 2011 年 6 月 22 日に行いました。6 月 22 日現在の情報です。


http://www.squareclip.jp/


特定テーマごとにスポットをまとめた「パック」を作成して他のユーザーと共有できるサービスです。ユーザーの位置情報と連動することで、ソーシャルなタウンガイドとして利用することができます。無料配信の iPhone アプリ「Square Clip」で利用できます。


株式会社ユードー様

スマートフォンアプリ「斉藤さん」

クラウドはコストだけでなく安定性を重視して検討


開発本部 斉藤サイ造 氏

開発本部 斉藤サン太郎 氏


新規分野の挑戦に最適なクラウド

−クラウド検討の際のご要件を教えていただけますか?


斉藤サイ造氏 弊社が初めてクラウドの導入を検討したのはmixi アプリ「ピアノ狂想曲」の開発に着手した頃でした。当時のクラウドサービスは海外事業者が提供するサービスばかりでした。まずはどれだけ安くクラウドを利用できるかという、コスト面での検討を進めましたが、ちょうど海外のクラウドサービスで障害が発生したというニュースがたびたび報じられていましたので不安を感じていました。弊社にとって初のソーシャルアプリでしたので、サービスが急にダウンするような不測の事態は絶対に避けなければならず、これを達成しなければ成功につなげることは難しいと思いました。このため、クラウドの選択ではコスト面だけでなく安定性を最重要視してニフティクラウドの導入を決めました。その考え方は、現在でも変わっていません。


−『斉藤さん』のサーバーでもニフティクラウドをご利用いただいていますが、いかがでしょう?


斉藤サン太郎氏 『斉藤さん』は、高校生を中心とした若い世代に口コミで広まったということもあり、最初はなかなか利用者が増えなかったのですが、あるときから爆発的に増えていきました。

やはり昼休みや夕方 6 時前後、夜寝る前の 12 時前後に大きなアクセスのピークがあります。

アプリ上での 1 日の通話件数は約 180 万件にも上りますが、『斉藤さん』は、弊社独自の技

術により、通話自体の負荷はそれほど高くはありません。当初は負 荷 分 散 の た め に サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て、ア プ リ ご と にロードバランサーで振り分けるなどさまざまな方法を試しましたが、最終的にはメモリーを増やしたり CPU のスペックを上げたりするなど、フレキシブルにスケールアップすることで問題なく運用できています。


−コントロールパネルの使い勝手はいかがでしょうか?


斉藤サン太郎氏 初めて見た人でも行えるので使い勝手は大変便利に感じます。プロジェクトを担当する全メンバーが必要に応じて操作しています。


斉藤サイ造氏 私もたまにコントロールパネルの操作はやっています。 初めはさすがにドキドキしましたが、 すぐに慣れました。


斉藤サン太郎氏 以前利用していた別のサービスは、ニフティク ラウドよりも確認作業に手間や時間がかかる点に不満がありま した。 ニフティクラウドは、 サーバーの知識が豊富でなくても短 時間で操作ができる点が便利です。


クラウドは 怖く ない!

−クラウドのご利用を検討されていらっしゃる企業様へのメッセージをお願いできますか?


斉藤サイ造氏 この 1 ∼ 2 年の間にクラウドサービスは一気に拡がりを見せるようになりました。

クラウドを利用する企業も増えていますが、まだ漠然とした不安を抱えたままの企業も多いのではないかと思います。弊社が初めに想定していたさまざまな不安は、ニフティクラウドの利用で解消されました。


−今後の御社のサービス展開について教えてください。


斉藤サイ造氏 弊社では、これまでの「ピアノ狂想曲」や「テガキモンスター」「斉藤さん」で蓄積したノウハウをベースに、遠く離れた知らない人とリアルタイムでカラオケのデュエットができるマッチングアプリを開発しています。もちろんこちらでもニフティクラウドを活用させていただく予定です。


−本日はありがとうございました。


iPhone / Android

公式 HP: http://www.yudo.jp/saito


全国の斉藤さんの皆様、全国の斉藤さんファンの皆様お待たせ致しました! なんとっ ! 斉藤さんと斉藤さんのファンの方は「斉藤さん」を使用することで通話料無料で音声通話・テレビ通話でつながれます。これを機会に、あなたも斉藤さんのファンになってみませんか?


※本インタビューは 2012 年 3 月 2 日に行いました。 3月 2 日現在の情報です。


セルプロモート株式会社様

ソーシャルアプリ「UTOPIA ∼ユートピア∼」

1日7,000万PV、秒速1,600PVを支える想像以上のパフォーマンス


技術開発部 大谷 健太


1日7,000万PV、秒速1,600PVを支える想像以上のパフォーマンス

−「UTOPIA ∼ユートピア∼」の人気の秘訣とアクセス規模を教えてください。


大谷氏 利用者の方のほとんどは口コミで集まっていただいており、アクセス規模としては最大1日7,000 万 PV、秒速で1,600PV 程度です。


−そのようなサービスを運営する基盤としてのニフティクラウドのご評価はいかがでしょうか。


大谷氏 嘘偽りなく満足しています。想像していた以上のパフォーマンスですね。


柔軟なサーバー増減と速いネットワークが決め手

−どうしてニフティクラウドをご採用いただいたのでしょうか。


大谷氏 これまでは実サーバーを設置してサービスを提供していました。この形態では、アクセス増加のために新しいサーバーが必要となった際に、発注からセットアップ完了までに数日かかってしまっていました。アクセス数の増減が激しく、またサービスの成長規模も読みづらいモバイルのソーシャルアプリでは、こういったサーバー資源の計算が難しいので、すぐにサーバーを増減できるニフティクラウドの機能には本当に満足しています。


−他のサービスはご検討されましたか?


大谷氏 オンデマンドで柔軟性を持ったクラウドが国内にあまり存在せず、海外事業者の場合にはレイテンシーの問題などもありました。ニフティクラウドは国内ということもさることながら、圧倒的に速いネットワークの性能が決め手となりました。従量制で心配していたネットワーク料金も驚くほど安くてビックリしました。

クラウド利用のポイントはメモリーの使い方


−ハードウエア上のスペックなどでのご要望はありますか?


大谷氏  提供されている性能を引き出すチューニングを実施していますので、現在のところで大きな問題にはなっていません。ソーシャルアプリの場合にはデータベースがボトルネックとなることが非常に多いので、そこは特に重点的にチューニングを行っています。

データベースには MySQL の InnoDB を使用していますが、主なデータはすべてメモリーに載るようにレイアウトしています。また、Xcache や memcache のようなオンメモリキャッシュ、Tokyo TyrantなどのKVSも使い、MySQL、ひいてはハードディスクに極力アクセスしないようにしています。

利用増によるサーバー増設も、基本的には各種データサーバーのメモリー利用状況を見て考慮している状態です。ですからできれば、32GB や 64GB メモリーを搭載したハイメモリーサーバーが登場すると、台数を増やすスケールアウトではなく、メモリー量を増加させるスケールアップで対応できるのでセットアップなども楽になって助かりますね。


-DB サーバーのパフォーマンスチューニングについては、「NIFTY Cloud ユーザーブログ」の石田健亮氏の記事で、物理ディスクと同等の I/O 性能を出す方法が紹介されていますので、ぜひご覧ください。


大谷氏  そういったノウハウが紹介されているのも良いですね。


−本日はありがとうございました。


http://utpa.jp/pc/

他では体感できない多人数リアルタイムバトルを実現。多彩な装備やアイテムを極めて強くなれ!レベルが上がると一国の王になれる。仲間と結束して勝利を勝ち取り、キミだけの理想郷を創ろう。


※本インタビューは 2011 年 3 月 31 日に行いました。3 月 31 日現在の情報です。


株式会社フジテレビジョン様

ミニブログ的コミュニケーション「イマつぶ」


急激なアクセス増加にも耐えうる国内サービスを探していた。

クラウドサービスを一緒に作り上げていく


クリエイティブ事業局

クリエイティブ事業映像センター

デジタルメディア事業部

川本  洋平


テレビ局ならではのコミュニケーションサービス提供

−2010 年 4 月 13 日に正式リリースをされた御社の「イマつぶ」ですが、どのようなサービスですか?


川本氏 インターネット上で、時系列に流れるつぶやきをユーザー同士が共有するサービスです。タイムラインという概念を導入したミニブログではありますが、数ある他の Twitter などのサービスに比べインターネットのリテラシーがなくても使える手軽さと、絵文字や写真が使えるところが特長です。


−どのようなコンセプトでサービスを立ち上げられましたか?


川本氏 放送しっぱなしではなく、テレビ局として、主体的に年齢や居住地の異なる視聴者同士が同じ番組を見て感動を共有できる場を提供したいという想いで立ち上げました。演者や番組への誹謗中傷などのリスクは懸念としてありますが、視聴者の考えを我々にフィードバックしてもらえる機会と捉えています。

実際誹謗中傷はかなり少ないです。はじめてみて余計思いましたが、この「イマつぶ」によるリアルタイムコミュニケーションとテレビの生放送はかなり相性がよく、いろんなポテンシャルを日々感じております。


−ユーザーの方々はどのように楽しんでいますか?


川本氏 例えばフジテレビ制作の映画「海猿」について、出演者がつぶやいて視聴者と一緒に盛り上がる、という構図が出来上がっています。我々が目指すユーザー達が自ら開発してコミュニティが成熟していく、という流れが定着してきました。


−「イマつぶ」の目指す姿を教えていただけますか?


川本氏 近いのは「アメブロ」かもしれません。「アメブロ」が後発にも関わらず最後まで生き残った理由は、いかにもインターネットという様相をすべて排除して、ユーザーに親和性の高いイメージを定着させることに成功したからだと私は考えています。そしてなんといってもタレントブログが大きいですが、それならテレビ局のほうが強いのではないか?と思い至りました。

演者のつぶやきや撮影の裏側について発信することで、番宣ではない部分で視聴者をどんどん取り込んでいきたいです。


番組連動中の急なアクセス増加に耐えうるシステム

−「ニフティクラウド」ご検討のきっかけを教えていただけますか?


川本氏 番組と連動しますと、瞬間アクセス数が急激に増加します。ある番組と連動して、タレントの書き込み後に一時間で数千人のユーザーが新規登録したこともあります。ですので、急激なアクセス増加にも耐えうる国内のサービスを探していた、というのがきっかけです。


− VM は何台立ち上げていらっしゃいますか?


川本氏 30 台前後です。フロントが 10 台、DB が 4 台、あとは画像サーバー、ステージングサーバーなどです。


− 全体のご評価はいかがですか?


川本氏 前述のように我々テレビ局の VM の使い方はとても極端ですので、現時点で 100% 完璧なギャランティー型のサービスを求めてはいません。クラウドというサービスは始まったばかりですので、一緒に作り上げていくものと捉えています。その点、我々の業務を理解しようとする御社の姿勢はありがたいと思っています。


− 本日はありがとうございました。


http://imatsubu.jp/


「イマつぶ」は、140 文字までのつぶやきを写真や絵文字と一緒に共有するミニブログ的コミュニケーションサービスです。つぶやきには、Twitter でいうところのハッシュタグに相当する「話題」を

設定できるほか、同じくRT(Retweet)に相当する「広める」ボタンがあります。


※本インタビューは 2010 年 10 月 15 日に行いました。10 月 15 日現在の情報です。


MBB株式会社様

バッグ通販サイト「エムバオバオ」

ECサイトのスモールスタートにはクラウドが最適


ハルデザインコンサルティング株式会社 デザイン&システム部 マネージャー 渡邊 資剛 氏

MBB株式会社 CMO兼マーケティング本部長 松葉 亮子 氏


クラウドとEC-CUBEで初期投資を抑えたスモールスタート

−バッグ専門の通販サイト、エムバオバオにクラウドを導入した経緯を教えてください。


松葉氏 エムバオバオは中国で最大級のバッグ専門 EC サイトです。日本版を立ち上げるにあたり、当初は、エムバオバオのブランディング戦略をハルデザインコンサルティング様に相談していたのですが、サーバー構築を含むウェブサイト作成についてもあわせてアウトソーシングすることになりました。


渡邊氏 EC サイト開発にあたっては、開発速度向上・工数削減の観点から、パッケージを利用することを考えていました。さらにカスタマイズ性・費用・社内外実績の観点からオープンソースの EC-CUBE を採用することに決定しました。インフラに関しては、ECサイトを立ち上げるにあたって、まずは初期投資を抑えてスモールスタートをしたいと考えましたので、最初からクラウド導入を想定していました。エムバオバオのサイト運用に合ったパブリッククラウドの選択肢が少なかったこともありますが、知人からの勧めもあり、ニフティクラウドを選択しました。クラウド自体の使用も初めてでしたので、サーバー構成の決定も手探りの状態から開始しました。WEB サーバーとデータベースサーバーを 1 台から始めて、様子を見ながら増減して、最終的に安定運用ができる構成になりました。物理サーバーですと、この過程を読み間違えた場合、非常にコストがかかりますが、クラウドならば最少構成でとりあえずスタートをして、実際の利用状況に応じてサーバー構成を増減できますので無駄なコストを抑制できるのが良いですね。


−雑誌掲載や WEB プロモーションによるアクセス増大への、クラウドを活用した対処について教えてください。


松葉氏 リスティング広告や各種 WEB 広告を利用したプロモーションを行っています。特に、フラッシュセールスサイトを利用したプロモーションを行うと、かなりアクセスが増えます。ここで、特にデータベースサーバーに負荷が生じて表示が遅くなると、お客様の離脱・機会損失につながりますので、事前に対策を講じています。


渡邊氏 一度はデータベースサーバーの CPU 利用率が 80%を超えたことがありましたが、段階的にスペックを上げていきました。最もフロント側にロードバランサー、その下に WEB サーバーを複数台、さらにその裏に MySQL を Master-Slave にしてデータベースサーバーを置いています。負荷を分散しながら安定した運用を実現していますが、チューニングでもう少し台数を減らせる可能性がありますので、また構成を見直す予定です。


ニフティクラウドで費用を物理サーバーの1/10に抑える

−物理サーバーと比較したクラウドサーバーのメリットはどのような部分でしょうか?


渡邊氏 現在も、他社の案件では物理サーバーやレンタルサーバーを運用していますが、最もメリットを感じたのは管理のしやすさです。サーバーの増設は最低でも 1 週間かかりますし、手続きも面倒です。そもそも物理サーバーは、それ自体の管理にも人手が必要です。ニフティクラウドは、コントロールパネルが操作しやすいので、運用は非常に平易ですし、EC サイトはスピードが命ですのでサーバーのリソース増減が即時に行えるのは大変なメリットです。また、費用面でも、物理サーバーの 1/10 程度に抑えられました。一定以上の規模のサイトのほうが、クラウド導入によるコストメリットはより大きくなると思います。


-今回行われたリニューアルについて教えてください。


松葉氏 2012年2月28日にサイトのリニューアルを行いました。サービスのファッション性を高めると同時に、商品の一覧性、検索性を強化して、お客様がお求めの様々なバッグをより探しやすくする方向でのデザイン変更を実施しました。これによって、ユーザビリティを高め、エムバオバオでのショッピング体験を良いものにしていく狙いがあります。


渡邊氏 特に、商品画像の呼び出しトラフィックが増大していましたので、リニューアルのタイミングでデータベースアクセスのチューニングと、サーバーのスペック向上 (64bit 化 ) を行いました。SKU(商品識別の最小単位)が数十万件ありますので、MySQLのチューニングとそれにあわせたスペックの変更がポイントですね。ニフティクラウド上にサーバーを増設して、リニューアル用の環境をつくり、そちらの作業終了後に現在のサーバーとロードバランサーを使って切り替えました。本番環境での動作チェックも手軽に行えましたし、サイトを停止せずにリニューアルが完了しました。EC サイトでは、できるだけメンテナンスによる機会損失は避けなければなりませんので、ニフティクラウドは EC サイトの運用に向いていると思います。


-本日はありがとうございました。


世界最大級のバッグ専門ネット通販

http://www.mbaobao.co.jp/


ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。エムバオバオは、最新のトレンドをデザインに取り入れた高品質のバッグをお届けするブランドです。スタイルや TPO にあわせて、豊富なカラーバリエーションの中からお気に入りのバッグを選ぶことができます。


※本インタビューは 2012 年 3 月 1 日に行いました。3 月 1 日現在の情報です。


株式会社ファンコミュニケーションズ様

広告配信サービス「adocavo」

最大で2億/日のインプレッションをニフティクラウドsmall 5台で配信


MC事業部 企画推進課 マネージャー 佐久間  諒 氏


最大で2億/日のインプレッションをニフティクラウドsmall 5台で配信

-「adocavo(アドカボ)」の基盤としてニフティクラウドをご採用いただいたきっかけを教えていただけますか?


佐久間氏  iPhone アプリの「Lyrica」でニフティクラウドを使った実績があり慣れていましたし、ネットワーク回線の速さと安さについては定評がありました。6KB 程度の画像配信が多いので、ネットワーク転送料が従量制だと費用がかさむのでは、という声も社内からあがりましたが、ニフティクラウドなら安いから問題ない!ということで採用を決めました。


-サービス規模は「国内最大級」ということですが、トラフィックはどのぐらいありますか?


佐久間氏  最大で 2 億 / 日のインプレッションがありますね。トラフィックを回線的に食う部分でニフティクラウドを利用しています。


-サーバー台数は?

佐久間氏  ニフティクラウドは 7 台程度ですね。内訳は配信用が 5 台(すべて small)、memcache(small)が 1 台、DB(slave)が 1 台(medium)です。 ※バックアップを除く

マスタ DB は IDC にある物理サーバーで、ニフティクラウド含め複数の slave に対してレプリケーションをしています。画像の登録はマスタに対して行って、一方配信は参照だけなのでslave 側のみで行っています。配信処理で DB を直接たたかれることはあまりないですね。memcache 上のキャッシュが参照されています。


ニフティクラウドの柔軟性はDBレプリケーションで活かされる

-運用における課題はございますか?


佐久間氏  サーバーコピー機能は現在も使っていますが、今後は API を活用して 20 台ほどある slave サーバーを負荷に応じて自動的に増減させられるようにしたいです。


-ニフティクラウドに対する全体のご評価は?


佐久間氏  現在 IDC とニフティクラウドを併用していますが、それぞれに強みがあるんですよね。IDC は運用費が安いですが、ラックの購入手続きや設置が面倒くさい。一方クラウドは気楽に購入できるしサーバー台数の増減についても柔軟性があります。すべてをクラウド上で動かすのはコスト的に最適ではないと思いますが、緊急時やサービスの規模が急成長しているときはクラウドを使った方がいいと思います。弊社は、今後も IDCとクラウドを併用していきたいと思っています。


-今後もニフティクラウドをご活用いただく予定はございますか?


佐久間氏  「nend」というスマートフォン向けの広告配信サービスを提供していますが、そちらでも個人情報のみ IDC 側に置いて、特定のテーブルだけをレプリケーションしてニフティクラウド上に置いています。このサービスはここ数カ月で急成長していますので、トラフィックの増加に伴うサーバー台数の増加については引き続きクラウドサービスを使っていきたいと考えています。


-本日はありがとうございました。


https://f.adocavo.net/


「adocavo(アドカボ)」は、3 キャリア対応、携帯サイト向けのクリック課金型アドネットワークです。初期費用、システム利用料が無料で、手軽に広告を出稿していただけるサービスです。最適化した広告を、提携メディアサイトへ配信します。


※本インタビューは 2011 年 3 月 9 日に行いました。3 月 9 日現在の情報です。