• Gandhi's Letter To Adolf Hitler

  • マハトマ・ガンディーのアドルフ・ヒトラーへの手紙

  • Hitler almost wiped out an entire race of people, but in this letter pleading with him not to start WWII, Ghandi wrote that he still considered himself Hitler's “sincere friend”. That takes some serious pacifism.
  • ヒトラーは一民族のほとんどを抹殺しましたが、この手紙でガンディーはヒトラーに二次世界大戦を始めないようと懇請し、相変わらず自分をヒトラーの「真の友」と思っています。凄い平和主義ですね。
  • note icon
    ※この翻訳は韓国語版を参照しております。
Image of 2016 article
  • DEAR FRIEND,
  • 親愛する友へ、
  • Friends have been urging me to write to you for the sake of humanity. But I have resisted their request, because of the feeling that any letter from me would be an impertinence. Something tells me that I must not calculate and that I must make my appeal for whatever it may be worth.
  • 友達が私に人類を守るため、貴方に手紙を書くように催促しました。でしたが、私が貴方に手紙を送るのは無礼なことだと思い、今まで遠慮してきました。しかし、なにかが「もう何も計算しないで、できるどんな呼びかけでもしなさい」と私に言っています。
  • It is quite clear that you are today the one person in the world who can prevent a war which may reduce humanity to a savage state. Must you pay that price for an object however worthy it may appear to you to be? Will you listen to the appeal of one who has deliberately shunned the method of war not without considerable success? Any way I anticipate your forgiveness, if I have erred in writing to you.
  • 現在としては、貴方だけが人類が野蛮的な状態に落ち込んでしまうのを防げる人のことが明らかです。貴方に貴方の目標がどれだけの価値があると言って、こういう代価を払わなければならないのでしょうか。成功することができたかもしれない戦争という方法をわざと断ったある人のお願いを聴いてくれますか。とにかく、もし私がこの手紙を書いたことが失礼だったら貴方のお許しをお願いします。
  • I remain,
  • 相変わらずの
  • Your sincere friend,
  • 貴方の真の友
  • M. K. Gandhi
  • マハトマ・ガンディーより
0 Comments